歯科 東住吉区 針中野の痛くない歯医者なら はりなかのファミリー歯科

口腔外科

口腔外科とは?

口腔外科口腔外科とは、歯の治療の中でも、外科的な治療(手術を主体とした治療)を専門とする科で、総合病院や大学病院などの大きな病院にあることが多いです。
口の中の悪性腫瘍(がん)やあごの骨の骨折など大きな病気の場合は、大きな病院でないと治療が難しいですが、歯を抜くなどの小外科手術は一般的な歯科医院でもすることが可能で、当院でも必要な患者様には行っております。

当院で行っている主な口腔外科の治療を以下に示します。

抜歯(悪くなった歯、親知らず)

口腔外科虫歯が大きくなりすぎたり、歯周病が悪化している歯に関しては、保存的な治療(詰め物やかぶせの治療など)が難しく、歯を抜くことが治療として必要な場合があります。
また、親知らず(8番目の歯)は生え方によっては、歯ぐきが腫れやすくなったり、手前の歯に悪影響を及ぼす場合があり、その場合は抜歯が治療として必要となります。

顎関節症(あごの関節の疾患)

口腔外科顎関節症(がくかんせつしょう)とは、口を開ける時に、あごの関節(耳のすぐ前にあります)に音が鳴ったり、痛みが出ることで口が開きづらくなる、このような症状を主とする疾患です。
顎関節症の場合は手術以外の治療で改善する場合が多く、薬による治療やマウスピースによる治療が主体となります。当院でも必要な患者様にはマウスピース治療を行うことが可能です。

歯の外傷(破折、脱臼)

口腔外科小児の場合、転倒などで歯が折れたり(破折)、抜けたり(脱臼)することが多いです。その場合はレントゲン撮影を行い、状態を確認したうえで、必要であれば、歯の神経の治療や、隣の歯と固定する治療を行うことがあります。

以上が当院で行っております主な口腔外科治療となります。

他に口腔粘膜疾患(扁平苔癬や白板症など)、歯根囊胞(根の先にできるうみの袋)や粘液囊胞(下唇によくできる唾液の袋)などの囊胞性疾患、入れ歯の治療の妨げとなる外骨症(口蓋隆起、下顎隆起)なども当院で診察しております。

また、当院は口腔外科のある病院と診療連携をとっておりますので、当院で治療が困難な疾患の場合はご紹介させて頂きます。
当院では、大阪警察病院大阪府立急性期・総合医療センター大阪歯科大学附属病院などの口腔外科のある病院と診療連携しております。
また抜歯などの小外科手術でも、高血圧症や糖尿病、心疾患などの全身的な疾患がある場合、状態によっては、かかりつけの先生と連携をとったうえで、処置を行う場合もありますので、その際はきちんとご説明させて頂いたうえで診療をすすめさせて頂きます。

定期検診のススメ

お子様のいる患者様へ

スタッフ募集 width=

INFORMATION

 
診療時間
   9:30- 12:30
 14:00- 20:00
▲土曜午後・日曜午後は、 14:00-17:00迄です。 休診日:水曜・祝日

診療カレンダー

アクセス

〒546-0014 大阪府大阪市東住吉区 鷹合2丁目 1−4

大きな地図で見る 近鉄南大阪線「針中野」 駅 より徒歩3分地下鉄谷町線 「駒川中野」駅 より徒歩10分

■ 天王寺駅より近鉄・地下鉄で約8分 ■ 駒川商店街スグ,ローソン駒川店向かい

提携駐輪場あり、駐輪場完備 詳しくはこちらへ

各種クレジットカードがご利用いただけます。お支払い額が2,000円以上からご利用いただけます。

TEL

お気軽にお問い合わせください。          ハニヨイ06-6608-8241
TOOTH FAIRYプロジェクト はりなかのファミリー歯科で出来る社会貢献を考え、本当に支援を必要としている世界中の子供たちが「夢」や「希望」を持ってもらえるように、日本歯科医師会協賛の日本財団の社会貢献事業 TOOTH FAIRYプロジェクトに賛同し参加しております。
Copyright © 2019 はりなかのファミリー歯科 All Rights Reserved.